人工透析について(人工透析室案内・スタッフ紹介)

人工透析について

人工透析は先達の多くの苦労があって出来上がった腎臓の血液浄化機能に代わる治療法です。
今では人工透析は神様が末期腎不全患者さまに与えてくださった贈り物と思います。
患者さまはその贈り物を上手に使って毎日を元気に健やかに過ごしてほしいものです。
私たちスタッフはそのお手伝いができれば幸せです。
患者さまの素敵な笑顔を見たい、そのために私たちスタッフは毎日頑張っております。

人工透析室

病床数

37 床

室 内

ベッドとベッドの間隔を広くとっており、プライバシーを確保できます。
天井も高く、窓も大きく、明るく広々とした空間です。
床は土の色、柱は木の色、天井は葉の緑で配色してあり、森をイメージしています。

ベッド

ゆったりとくつろいでいただくため、抗菌防臭ファイバークッションによる疲れにくいマットを使用した幅の広いサイズのベッドをご準備しています。

通信システム

日機装FutreNetWeb+により、患者様ごとのきめ細かい治療条件が、コンピューターから透析装置に送信され、ワンタッチで患者様に最適な条件での透析が可能です。
また、患者様専用カードにより患者認識を行い、コンピューターが除水計算を行います。
透析条件の表示の他、過去の体重経過や検査結果などを表示し、測定ミスの無いように様々な監視が出来ます。また、透析装置が患者様の専用のコンピューター端末となりますので、ベットサイドで様々な情報を確認することが出来ます。

管 理

患者様の予定や実績を一括管理することにより、常に最新の情報を共有できます。
蓄積されたデータから、処方箋の発行や過去のデータなど各種帳票の自動作成が可能になります。
コンピューターによる自動血圧測定により、有効な時間が生まれ、患者様とのコミュニケーションと安らぎのある診療に活用できます。

無料送迎

透析患者様の通院のご負担を軽くするため、安全運転講習を受けた運転手が無料送迎を行っております。

スタッフ紹介

受 付

来院された方が安心して診察やご相談を受けられるよう親切丁寧な対応を心がけております。常に笑顔と優しさを忘れず、皆様のお役に立てるよう努力してまいります。

看護師

私たちは常に笑顔と優しさを忘れず、確かな技術と知識に裏付けされた透析医療を追求しています。患者さまが透析を生活の一部として充実した社会生活を送っていただけるよう支援します。そのために患者さまだけでなく、ご家族の相談・指導にも積極的に取り組み、透析人生を共に歩む看護を目指します。
いつでも声をかけてください。

臨床工学技士

当クリニックでの臨床工学技士は主に、医療に関わる機器・透析に使用する材料・透析用水などの管理を行っています。透析液の正常化が必須となっている昨今、当クリニックの透析液は、エンドトキシン0.001EU/mL未満、生菌数0.1CFU/mL未満と超純水透析液の水質を維持しております。またオンラインHDF対応の透析装置を導入したことでより質の高い透析を行うことを常時可能にしています。
これからも、臨床工学技士という立場から、患者さまのサポートができるよう努めてまいります。

送迎スタッフ

透析患者さまにとって週3回の通院は大きな負担です。
その負担を少しでも軽くしてあげたいという院長の方針のもと、開院当初から無料の通院送迎サービスを行っております。
安心で安全な運転を心がけ、一人ひとりの患者さまのニーズにあった送迎を心がけております。そのために送迎スタッフは毎日朝早くから頑張っております。
通院にお困りの患者さまは、ぜひご相談下さい。

人工透析について

勝木台クリニック居宅介護支援事業所 きららヘルパーステーション きらら

医療法人社団 きらら友正会 TEL:082-819-0333